若々しい見た目をゲットしたいなら|美容外科を受診すべし

目に関する治療は豊富

ビキニの人

顔や体のサイズダウンも可

顔や体の整形から脂肪の除去まで、仙台の美容外科では種類豊富な診療科目が揃っています。クリっとした大きな瞳になれることから、二重まぶたの整形治療は仙台でも人気で、顔を切らずに済む埋没法も定番の施術です。埋没法では、直径が毛髪以下の特別な糸を用いて二重のヒダを作りますが、施術跡が見えないように、まぶたの裏で留めます。縫うだけで終わりますので、左右の目を二重に治療しても10分ほどで施術が完了することもあるなど、手軽に顔の印象を明るくできるのが特徴です。仮に、もしも仕上がりに満足できない時でも、埋没法なら直ぐに元の状態へ戻せるのも優れた特色になっています。一方、全切開の二重治療は上のまぶたについた脂肪も除去でるため、腫れぼったい目を、スキっとした印象の二重にしたい時にも最適です。1度に両目を整形することもできますが、術後の腫れが引くまで眼帯をしておき、それが治まった後に反対の目を施術することも、仙台の美容外科では可能になっています。このほか、顔のバランスを整えたり、目その物をサイズアップして大きく見せたりしたい時にピッタリなのが、目尻や目頭の切開治療です。目尻切開は目の外側の皮膚を少し切ることで、下まぶたへ流れるラインも優しいカーブになり、きつい細目をソフトな印象の大きな目にできます。また、グラマラスラインと呼ばれるタレ目形成と合わせて行いますと、より大きな効果が出ることも特徴です。グラマラスラインは、黒目より外側の下まぶたを下方へダウンさせて目を大きくする治療ですが、目尻切開も行いますと、広げた目尻も下げられるため、ツリ目をさらに改善できます。それに対しまして、目頭の部分を治療する目頭切開は、目を鼻筋側へ広げられますので、離れ目を改善しながら目を大きくできるのです。目1つ分の横サイズと、左右の目の距離が同じ長さの場合が美しい顔の条件とされており、その美顔比率に取り組めるのが目尻切開になっています。そして、フェイスラインやボディーラインも、仙台の美容外科で治療を受ければ希望に沿ったデザインを考案してくれ、痩せたい個所の部分痩せが可能です。美容外科では薬によるメディカルダイエットも提供されていますが、沢山蓄積してしまった脂肪を何とかしたい時は、脂肪吸引や脂肪溶解注射が効果的になります。脂肪吸引は特別な吸引管を治療跡が目立たない部分から入れ、脂肪を吸い上げますから、1度の施術で痩身を実感でき、しかもリバウンドする可能性も低い治療方法です。かたや脂肪溶解注射は、脂肪を吸い取る代わりに脂肪を溶かす薬を痩せたい部分へ注入して、徐々にサイズダウンさせていきます。およそ半月に1回ほど注射を行い、部位や脂肪量に合わせて数回続けますが、概ねひと月からふた月ほどで効果を感じられるのが一般的です。顔なら1回から3回ほどでも結果が出るケースが多く、二の腕なら2、3回、太腿やウエストでは6回前後でひと回りスリムになれるとされています。

Back to Top